大きすぎるサンダル

EF40mmでサンダル
ホーチミンサンダルっぽいですが、ユニクロで買った普通のサンダルです。
ホーチミンサンダルとは、ベトナム戦争中に主にベトコンが履いていたらしい古タイヤで作られたサンダル。
5D MarkII と EF40mm にて。

ところで、近日発表されるNEXはひとまずNEX-5Rだけで、NEX-6は9月以降との噂。
3本の新しいレンズがどのタイミングかは不明だそうですが、3本とも手ブレ補正内蔵の可能性が高いようです。広角ズームや標準単焦点に手ブレ補正がつくとすれば非常に斬新。

拍手する

屋根裏のお宝


実家の屋根裏に眠っていた、新旧入り乱れたお宝ガラクタ。右のおもちゃは、私や兄が主にお年玉などでゲットした懐かしグッズです。おもちゃにフォーカスした写真がこちら↓


「原辰徳のパーフェクト野球盤」など、80年代の哀愁を感じます。
F1マシンは、これまた懐かしのベネトン フォードとロータス ホンダ。ネルソン・ピケやアラン・プロストがノリノリな時代だと思います。ちなみに私はマンセルを応援してました。

5D mark2 と 50mm F1.4 にて。かなり薄暗いのでiso感度ガンガンあげてます。

拍手する

フローリングを検討


真剣にフローリングの材種を検討している様。指さしているのはオーク。パパはクルミが好きなんだな。
5D mark2 と EF40mmにて。


ところで、9/18日から始まるフォトキナを前に各社新製品の噂が活発になってます。このところキャノン関連で気になるのは、5Dmark3よりも安いフルサイズ機の件。APS-CはEOS-Mに集約し、一眼レフは基本フルサイズになっていくのではないかとも言われており、安くて軽い新型フルサイズはその足がかりになるのかもしれません。

ソニーについてはα99がいよいよ気になります。直近の噂では、α99は映画制作の現場を強く意識しており、ビデオとスチルの両方に最適化されたハイブリッドなカメラになるだろう、とのこと。たしかにフルサイズ機としてキャノンとニコンに対抗するには、そういったアウトローかつソニーの得意な映像技術を前面に出す必要があるのかもしれません。操作感としても、ファインダーを覗いたままスチルもビデオも行けるのは透過ミラーのよいところなので、ビデオ方面を強化するのは合理的ダナーと。

拍手する
Scroll to top