気ままに昼寝


さんざん散らかして寝たい時に寝る。
5Dmark2 と EF40mm F2.8 にて。

わけあって、もう1台一眼レフ(ミラーレス含む)が必要になりそうで、量販店で入門機を物色していたところ、隣でミラーレスについて接客する店員の話が耳に入ってきました。「カメラメーカーのミラーレスはやはり写真本来の良さを楽しむ人が買いますね。家電メーカーの方はやはり一般向けというか。うちではソニーがよく売れますねー。」ということで、「なるほどよく分からん」と興味深く拝聴。

ところで、先日公開されたBCNの年間販売台数ランキング(国内)によるとカメラ関係は以下のような感じらしいです。

レンズ一体型デジカメ
1 キヤノン 17.6%
2 ソニー 16.5%
3 ニコン 14.1%
デジタル一眼レフ
1 キヤノン 52.7%
2 ニコン 35.1%
3 ソニー 7.1%
ミラーレス一眼
1 オリンパス 29.8%
2 パナソニック 23.3%
3 ソニー 20.1%

一眼レフでは意外とキャノンとニコンの差が大きいです。
ミラーレスはやはりマイクロフォーサーズ陣営強し。そして、コダックもマイクロフォーサーズ参入するそうで。
>>Kodak S1 is the first Kodak Micro Four Thirds camera! | Mirrorless Rumors

拍手する

イラ写より新年のご挨拶


お伝えしております通り実家が更地になっているので、今年の正月は都会で大人しく過ごしました。正月らしい写真がないので、2年前の初詣の写真を引っ張りだしてきてやり過ごします。
5Dmark2 と SIGMA24-70mm F2.8 にて。

本年も、ネチネチとカメラやレンズの話題を交えつつ、お高いカメラで撮った写真を「いかがセヨー?」とお届けしたいと思いますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

個人的に今年気になるカメラ関係のウワサと言えば、

・Eマウントのソニー純正の新しい単焦点が春頃に3本ほど登場
・Eマウントの ツァイスブランドの高級標準ズーム他
・NEX-7の後継機
・フルサイズのNEX
・キャノンの並単焦点(50mm等)のリニューアル
・SIGMAの新しい 17-70mmなど

といったところ。
特にNEX関係は賑やかになりそうなので楽しみな年になりそうです。

拍手する

EF24-70mmF4L登場

5Dmark2とEF40mmにて撮影
寝ている隙に爪を切られる様。
5Dmark2 と EF40mmF2.8 にて。

SIGMAの旧型24-70mmF2.8がいろんな面で不満だったため、ほぼ並単焦点のみで使ってきた5Dmark2。せっかくのお高いカメラなので「いつかはLレンズ」と思っていたのですが、待ちに待ったEF24-70mmF2.8L Ⅱは手ブレ補正非搭載。動画も撮る派なので、なんだかんだ便利そうな24-105mm F4Lをポチッと…としかけていたところに、まさかの伏兵が発表されました。

キヤノン:EF24-70mm F4L IS USM 特長紹介
キヤノン EF24-70mm F4L IS USM 《12月中旬発売予定》

EF24-70mmF4L
24-105mmはそこそこの倍率で軽量のためか、画質がいま一歩と言われていたのですが、24-70mmのF4ならムリのない設計で画質も期待できそうです。しかもマクロモードへの切り替えと、ハイブリッドIS、そこそこ小型軽量で、これこそ求めていたレンズかもしれません。ケチをつけるなら、24-70mmF2.8LⅡのシャッとしたデザインが良かったのですが、やや年季の入った24-105mm風味です。また、それなりにお高いので、今後出てくるレビューやサンプルを凝視しつつ前向きに検討したいところ。

それと35mmF2 IS USMも登場。フルサイズでもAPS-Cでも人気が出そうです。一時期、キャノンはレンズリニューアルの時期と言われつつもあまり動きがなかったのですが、ようやく本気モードでしょうか。
キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ用交換レンズ EF LENS|EF35mm F2 IS USM 概要
キヤノン EF35mm F2 IS USM 《12月上旬発売予定》

拍手する
Scroll to top