EF24-70mmF4L登場

5Dmark2とEF40mmにて撮影
寝ている隙に爪を切られる様。
5Dmark2 と EF40mmF2.8 にて。

SIGMAの旧型24-70mmF2.8がいろんな面で不満だったため、ほぼ並単焦点のみで使ってきた5Dmark2。せっかくのお高いカメラなので「いつかはLレンズ」と思っていたのですが、待ちに待ったEF24-70mmF2.8L Ⅱは手ブレ補正非搭載。動画も撮る派なので、なんだかんだ便利そうな24-105mm F4Lをポチッと…としかけていたところに、まさかの伏兵が発表されました。

キヤノン:EF24-70mm F4L IS USM 特長紹介
キヤノン EF24-70mm F4L IS USM 《12月中旬発売予定》

EF24-70mmF4L
24-105mmはそこそこの倍率で軽量のためか、画質がいま一歩と言われていたのですが、24-70mmのF4ならムリのない設計で画質も期待できそうです。しかもマクロモードへの切り替えと、ハイブリッドIS、そこそこ小型軽量で、これこそ求めていたレンズかもしれません。ケチをつけるなら、24-70mmF2.8LⅡのシャッとしたデザインが良かったのですが、やや年季の入った24-105mm風味です。また、それなりにお高いので、今後出てくるレビューやサンプルを凝視しつつ前向きに検討したいところ。

それと35mmF2 IS USMも登場。フルサイズでもAPS-Cでも人気が出そうです。一時期、キャノンはレンズリニューアルの時期と言われつつもあまり動きがなかったのですが、ようやく本気モードでしょうか。
キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ用交換レンズ EF LENS|EF35mm F2 IS USM 概要
キヤノン EF35mm F2 IS USM 《12月上旬発売予定》

拍手する

縦長のiPhone

iphone5_EF40mm
ウェルカムホーム!縦長のiPhone5がやってきました。箱に収まっているさまもエレガントです。5D Mark II と EF40mm F2.8 にて。
↓2年間お世話になったiPhone4と。

iphone5
↓こちらは某ホームページ恒例のマクロレポート用に撮影。
EOS KissX3 と SIGMA MACRO 50mmF2.8 にて。

iphone5_sigma50mm macro
撮影していて気がついたのですが、このレンズは最小絞りがなんとF45でした。マクロレポでは絞ってもF22位、というかそれが最小だと思っていたので今さらながら驚きです。

>>シグマ 50mm F2.8 EX DG MACRO キヤノン用 [Amazon]
>>シグマ 50mm F2.8 EX DG MACRO キヤノン用 [楽天]

>>MACRO 50mm F2.8 EX DG|株式会社シグマ

拍手する

テーブルで昼寝

ef40mm
なぜかテーブルの上で昼寝していたのでそのまま昼食に。

うわさ通り EOS 6Dが発表されました。フルサイズセンサーを搭載しながらも中級機であるEOS 60Dと同じくらいのサイズ感。「小さいのがいいならミラーレス使えや」というご時世ですが、あくまでもフルサイズで、なるべく軽快に使いたい人には良い選択肢になりそうです。ただ、シャッタースピードが1/4000秒までなので、条件によっては減光フィルターが必要になるかもしれません。ちなみに60Dは1/8000秒まで。

>>キヤノン:EOS 6D|概要

フォトキナに関連して、各社多くの発表が続いていますが、個人的にときめいたのはシグマの新レンズ群。これまでのゴールド鉢巻のデザインを改め、モノトーンのシックかつシャープな雰囲気になってます。17-70mmは初期型を愛用していたので、この最新型がどれほど進化しているのか非常に興味深いです。この勢いで24-70mmも手ブレ補正付きでリニューアルされないかと期待。

コンセプト | SIGMA GLOBAL VISION

拍手する
Scroll to top