バイクの試乗 | E35mm F1.8

20140327b_ap750
友達のバイクをふかして「このバイク、めっちゃいいやん」という様子。
NEX-5N と E35mm F1.8 OSSにて。

ここ最近、アウトドアでポケットに突っ込んでおけるE16mmを常用しており、気がつけば記録写真のようなものばかりになっていましたが、久しぶりに使うE35mmの画角と空気感はやはりハッとするものがあります。ただ、久しぶりの標準単焦点ゆえ、ダダダッと慌てて後退することもしばしば。

ところで、このレンズも発売からそこそこ経過したため、Amazonレビューがそこそこ増えており興味深く読んでます。やはり飛び抜けた画質でない割に値段が高い、という意見が多い模様。
>>E 35mm F1.8 OSS SEL35F18

私としては「大口径単焦点でござい」という写真がこのサイズで撮れるので結構満足しています。当サイトの購入時のレビューはこちら。
>>E35mmF1.8OSSレビュー

拍手する

杉の集材:α6000発表

20140214b_ap750
子供達を実家に預け、おそらく下の子が生まれてから初となる夫婦だけでの外出。
そこには薪拾いの強制労働が待っていたのであった。
NEX-5N と E16mm F2.8 にて。ワイコンなし。

CP+の季節となり、待望のEマウント新型機α6000が登場しました。NEX-7とNEX-6の統合機とも言われていますが、EVFの画素数がNEX-6より下がっているのがなんともモヤっとします。デザインについても個人的にはNEX-6の方が好み。しかし、α6000の画質やオートフォーカススピードなど、これまでのNEXシリーズより明らかに向上しているそうなので地団駄踏むところです。

20140214a6000

>>ソニー、高速AFのミラーレスカメラ「α6000」 – デジカメ Watch

そんなことを考えながらNEX-6の相場をチェックしたところ、なかなかお買い得になってます。
>>NEX-6 楽天最安順

我が家のNEX-5Nは1年ほど前からシャッターボタンの挙動が怪しいことがあり、NEX-7後継機に期待していましたがなんとも微妙な状況となりました。α5000NEX-5系の後継機まで粘るべきか悩ましいです。

拍手する

モミの木とヒデ爺 | E16mm

20140124a_ps750
「この木はでっこぅなったわい」(←大きくなったわい)と、モミの木を見上げるヒデ爺。

NEX-5N と E16mm F2.8 にて。ワイコンなし。
野良仕事中はコートのポケットにNEXを押し込んだまま斜面から滑落したりしてますが、いまのところNEXは無事です。

拍手する

初そり滑り | E35mm

20140108b_ap750c
人生初そり滑りは、乗って滑るよりも引いて歩くほうが楽しかったようです。
NEX-5N と E35mm F1.8 OSSにて。

新年早々、カメラ関連の新製品発表が相次いでいます。
今日現在、私が気になるのは以下のプロダクツ。

>>ソニー、APS-C Eマウント最新ボディ「α5000」を海外発表
NEXというネーミングを廃止する方向らしいので、こちらはおそらくNEX-3系の新型にあたるのかと思いますが、NEX-5系にフラッシュが搭載されたような外観。個人的には右往左往して辿り着いた >>現行NEX-3N のデザインは好きでしたが…。

>>「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」がArtラインに
2008年に発売された現行50mmF1.4も画質の面では神がかっていたそうですが、新型35mm同様、容赦なくでっかくなったことで、画質もさらなる高みに到達しているのでしょうか。ただ、けっこういいお値段になると思われるので、お求めやすい現行モデルも良い選択肢かもしれません↓

>>SIGMA 単焦点標準レンズ 50mm F1.4 EX DG HSM キヤノン用(現行)

拍手する

広葉樹の森 | E16mm

20131220b_ps750
コナラやクヌギ、栗などの広葉樹が適当に生えている森が非常に好きです。
夏は葉が茂って涼しく、寒くなるにつれ葉が落ち明るくなるという大変よく出来た自然のシステム。植林された針葉樹の森は暗く寒々しいのです。

NEX-5N と E16mm + ウルトラワイドコンバーターにて。

拍手する
Scroll to top