導かれし者たち | SEL16F28

20141018a_ap750
冒険の始まり、といった雰囲気。
NEX-5N と E16mm(SEL16F28)にて。

アウトドアでは、やはりNEX-5NとE16mmが身軽ゆえ活躍してます。最初は使いづらいと思っていた24mm相当の画角もそれなりに適応し、むしろドキュメンタリな撮り方ができて広角好きになりつつあります。

20141018c_ap750

>>SONY 薄型広角レンズ E 16mm F2.8 SEL16F28

拍手する

夜店のたい焼き | SEL16F28


夜店のたい焼き。
NEX-5N と E16mm(SEL16F28) + ウルトラワイドコンバーターにて。

フルサイズ用のFEレンズは順調に増えつつあるものの、APS-CのEマウントにあまり動きがないようで心細くなる今日このごろ。ひと通り揃っているだろうと言われればそのような気もしますが、Eマウント登場当初から見守っている身としては、定期的に拡充するラインナップに心躍らせたいところです。大は小を兼ねるということで、APS-CユーザーもFEレンズ買いんさい、という神のお告げでしょうか。

拍手する

じゃがいもの収穫 | α5100登場

じゃがいもの収穫
じゃがいもの収穫。なんでも手伝わないと気がすまない年頃です。
NEX-5N と E35mm F1.8 OSS にて。
>>ソニー 単焦点レンズ E 35mm F1.8 OSS SEL35F18

更新が滞っている間に、待ちに待ったNEX-5系の後継機らしいα5100が発表されました。

>>ソニー、0.07秒の高速AF搭載、XAVC S動画対応のミラーレス一眼「α5100」 – AV Watch

非常に評判の良いα6000の中身を、廉価感満載だったα5000に詰め込んだイメージ。しかも動画フォーマットの気合いの入りぶりは眼を見張るものがあります。静電式のタッチパネルと高速AFによって、動画撮影中に画面にタッチして、思ったところにシャッとピントが合う高画質ハイテクビデオカメラとして、ようやく安心して使えそうな感触。
しかしα5000ベースゆえ、アクセサリシューや、NEX-5R以降の操作系(2つダイヤルやFnボタン)、電子水準器がなく、NEX-5R(T)にα6000の中身を入れてくれれば大満足だった私としては、今回も思い通りにいかず床を転げまわる思いです。

いまのところのEマウントAPS-C勢としては、α6000、α5100、α5000というラインナップで落ち着きそうな雰囲気なので、一応フォトキナまで粘ってダメなら諦めてα5100かα6000に着地したいと思います。

拍手する

すべり台からチラ見 | E35mm F1.8

e35mm f1.8
すべり台からチラ見。
NEX-5N と E35mm F1.8 OSSにて。

Aperture開発中止の知らせを聞きショックの余り更新が滞った、というのはウソですが『Photos for OS X』が写真の新しい楽しみ方を提案してくれるのだと私は信じています。

>>AppleがiPhotoとApertureの開発を中止!その超前向きな理由とは – 週アスPLUS

>>「iOS 8」搭載「Photos」アプリと「iCloud Photo Library」–アップルの写真管理機能はこう変わる – CNET Japan

拍手する

樹上で広角 | E16mm

20140520c_ap750
水筒を片手に樹上の遊具を探検する子猿。昨年秋に撮って載せ忘れていた写真です。
NEX-5N と E16mm + ウルトラワイドコンバーターにて。

E16mmとワイコンを使った約12mmの画角はけっこう気に入っています。
広角といえば、キャノンから広角ズームが2本同時発表。
>>EF 16-35mm F4L IS USM
>>EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM

EF-S10-18mmのコンパクトさと軽さ、お求めやすさは目を見張るものがあります。
ガチなスチル派からすると「超広角に手ブレ補正なんかいらんわ」と罵られそうですが、広角ズームは機動性重視の手持ち動画撮影でも活躍するため、動画も撮る派としては手ブレ補正は心強い存在。

といいつつも、動画用に広角ズームを使うならNEX系 + E10-18mm がなにかと便利そうです。
>>SONY E10-18F4OSS

拍手する

夕暮れのつくし | E50mm F1.8

20140426a_ap750
麗らかな春の夕暮れに、つくしの中を闊歩。
NEX-5Nと、久々に持ちだしたE50mm F1.8 OSSにて。迷わず開放。

E50mmはやはりトロ~ンとしたボケ味と発色の良さを感じます(このページの写真は私の好みでやや彩度控えめ)。ほぼ80mm相当なので使いどころを選びますが、現在26,000円台というコスパの良さ。手ブレ補正もついてて夕暮れとかでも心強いです。

>>E50mm F1.8 OSS購入時のレビューはコチラ

ただし、NEX-5NのジワーッとしたコントラストAFでは、動きまわる子供にピントを合わせるのは厳しいため、NEX-5R以降のハイブリットAF機種が一層輝いて見えます。↓静物はDMFが活躍。

20140426b_ap750
そういえば、このレンズは黒バージョンも出てます。
>>SONY E 50mm F1.8 OSS※Eマウント用レンズ(ソニー ミラーレス一眼用) SEL50F18-B

拍手する
Scroll to top