Aperture3.3アップデート


なにかがツボにハマったらしくテンションMAX。
NEX-5N と E16mm + ウルトラワイドコンバーターにて。

ところで、Apertureが3.3にアップデートされました。
とりあえず、アイコンがグレーで今時っぽくシャッとして(↓)、全体的にパフォーマンスも良くなった気がします。

詳しいアップデート内容はコチラで。
アップル、「Aperture 3」と「iPhoto ’11」をアップデート – デジカメWatch

iPhotoと共通のライブラリになったので、iPhotoユーザーが乗り換えやすくなったと思います。新しい調整ツール類はまだ使ってないので分かりませんが、動画派としてはAVCHD対応が大変嬉しいところ。これまで変換が面倒だったのでNEX-5Nでは1440×1080のMP4だったのですが、これからは1920×1080pのAVCHDが使えそうです。

拍手する

アマゾンさんからのお届け物


ピンポンが鳴ると玄関にダッシュし、お届け物は我先に開封しようとします。
今回、アマゾンさんから届いたのは「おまる」。スムーズに覚えていただきたい。
NEX-5N と E16mm + ウルトラワイドコンバーターにて。

ところで、Eマウントの新製品として「16-50mm F3.5-5.6 G OSS」が噂されています。F値は暗めながらも、>>パナソニックの14-42mmのような高画質でコンパクトなパンケーキズームと言われており、お高そうですがEマウントの重要なポジションのレンズになりそうです。タイミング的には、NEX-F5と同時に登場しそうな雰囲気。

拍手する

実家の旧牛舎

牛小屋
↑NEX5N とE16mm + ウルトラワイドコンバーターにて。
実家の旧牛舎。30年ほど前まで牛や豚を飼っていたらしいです。近年はそれなりに整頓されて農機具倉庫になっていますが、いつも薄暗くて滅多に出入りがないため時間が止まっている雰囲気。

↓以下、5D Mark2 と EF85mmにて。

黒豚

わらじ

整理しているはずなのに、わらじがぶら下がっている不思議。
秀爺が兵隊してた頃の日本軍の水筒もここから発見されています。

ところで、このEF85mmはプロカメラマンの友人から譲ってもらったのですが、酷使されてきたためかついにAFが故障。古い製品ながらも非常に評判がよく、結婚式などで大活躍するレンズですので、持ち込み修理に出しました。フォーカスユニット4400円、技術料金6500円と、意外に良心的な修理費用。

拍手する
Scroll to top