タムロン SP24-70mm F2.8 Di VC USD レビュー

タムロン sp24-70mm
3年半前に5Dmark2と一緒に購入したSIGMA24-70mmF2.8(旧型)に満足できず、買い換え候補のズームで散々悩んでいましたが、ついにタムロンSP24-70mm F2.8に着地。タムロンデビューしました。
>>TAMRON | SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD [Model A007]

「ポチッとな」の直前まで、Canon EF24-70mm F4L とデッドヒートだったのですが、私の場合、夕方や夜、室内で使うことが多いため、やはりF4では厳しかろうという結論に。F4通しより大きく重くなりますが、それが辛い状況ではNEXがあるということで。
ズームリングの回転方向がCanonとは逆というのが気になりましたが、思えばNEXのズームと同じなので慣れればなんとかなるのかなと。

そんなわけで、SIGMA 旧24-70mmと比較しつつのSP24-70mm F2.8レビュー。
↓SIGMAの方が若干長いです。ちなみに、SIGMA24-70は縮んだ状態が望遠で、伸びると広角。

↓気になる画質比較。これは分かりやすい例ですが、SIGMAの旧24-70mmは逆光に大変弱く、このような黒浮きによく泣かされました。

以下、さっそく持ちだしたレポ。RAWで撮って露出とホワイトバランスのみ調整。
↓F2.8にて。

(さらに…)

2013-03-16
2 Comments »

NEX-F3の感想

nex-f3
わけあって貸出用に一眼レフ(ミラーレス含む)が1台必要となり、メーカー問わず安上がりかつオイシイ買い方は何か散々悩んだ挙句、着地したのがNEX-F3ダブルズームキット。「新型発売間近で叩き売り状態のNEX-F3に、常々欲しかった E55-210mm F4.5-6.3 OSS が付いて40300円ならオットックー!(←剛力彩芽風に)」というところです。
エントリーモデルとしてKAWAII☆NEXになりえるのか確かめるべく白をチョイス。ということで、NEX-5(N)ユーザー目線のNEX-F3レビューを以下に。
(さらに…)

2013-01-30
No Comments »

ぽっちゃりカメラマン


奥様の友人からのプレゼント。カメラ男子になるのでしょうか。

「父さん!今日は85mm1本で勝負しようと思うんだ!」(←野太い声で)などとアフレコして楽しんでます。
「父さんは50mmばかり使うけど僕は35mmの方が奥深くて好きだ!」(←野太い声で)
「父さん!SIGMAの新型35mmを買おうと思うんだ!」(←野太い声で)

NEX-5N と 強化月間のE35mm F1.8 OSSにて。

2012-12-24
No Comments »

E35mm F1.8 OSSのレビュー

E35mmフード
NEX-5を買ってから約2年、待ちに待った50mm相当の明るいレンズ、E35mm F1.8 OSSがようやく昨日発売されました。E50mm F1.8のように品薄で入手困難になると地団駄踏むことになるので、予約注文して無事発売日にゲット。1日使っただけですが、ファーストインプレッションということで恒例のレポをお届けします。

まずは外観。(↑と↓の外観写真は5D mark2 と SIGMA 50mm F2.8 MACROにて撮影)
これまでのシルバー路線はなんだったのかというテカテカブラックです。色や質感については好みの問題ではありますが、黒のツルツルはやはり汚れが目立ちます。この写真を撮影する際も、指紋を拭き、ホコリをブロアーで飛ばし、それでも残っていたホコリをレタッチで消しました。キズも目立ちそうなので、iPhone5黒モデルのように、いたわりと慈しみを持って接する必要があるかもしれません。

↓前玉のアップ。ご覧のように前玉が凹んでいるタイプ。明るいレンズというと前玉が大きくて光がたくさん入ってくるイメージですが、E35mmは小さめ。なんとなく斬新です。

E35mm前玉アップ
↓フードなしの状態。なんとなくフードをつけたほうがかっこいい気がします。ちなみに、この写真をみてEVFの黒いシールが目障りなことに今更気がつき剥がしました。黄色い気泡管もNEX-5RかNEX-6でおさらばしたいところ。


以上、外観撮影は5Dmark2にて。E35mm F1.8 OSSでの試し撮りは以下で。

(さらに…)

2012-12-08
3 Comments »

EF40mmとKiss X3

eos kiss x3とef40mm
期待通りのコンパクトさ。Canon一眼レフでは最もKawaii☆組み合わせだと思います。35mm換算で約65mmの画角も、スナップとかポートレートに適度な感じ(スナップとかの定義がよく分かってませんが)。小型軽量がいいならミラーレス使えや、という時代ですが、「ミラーレスでは軟派すぎるけど重いのはイヤ!」という、微妙に硬派なカメラ女子にはうってつけかもしれません。

APS-Cでは使いづらかったEF50mmm F1.8に変わり、初心者から玄人までウケの良い定番レンズになりそうです。
ちなみに、>>5Dmark2でのEF40mmレビューはコチラ

ef40mm
上2枚はNEX-5NとE50mmにて。
以下、EOS KissX3 と EF40mm F2.8での、ほぼレタッチなし試し撮り写真。
※ 便宜上、5Dmark2のEF40mmカテゴリになってますが、撮影はX3です。


テーブルの上で料理とか撮るのに絶妙な焦点距離です。
X3でよく使っていたSIGMA 30mm F1.4は最短撮影距離40cmでしたが、EF40mmは30cmなので、小さいものを大きく撮るのにはEF40mmが有利。

>>Canon EF40mm F2.8 STM [楽天市場]
>>Canon EF40mm F2.8 STM [Amazon]

続きにサンプルを2枚ほど。

(さらに…)

2012-06-30
1 Comment »

EF40mm F2.8のレビュー(5Dmark2編)

EF40mm F2.8
レンズコレクターになってはいかんと肝に銘じつつも、新しもの好きゆえ、画期的かつお手頃な新製品には手を出さずにはいられません。世界中でなかなかの評判を得ているキヤノン初のパンケーキレンズ、EF40mm F2.8が6/22日に発売されたので飛びついてみました。EF50mm F1.4の不調を感じていたので代替えにちょうど良いタイミングというのもありますが。

↓まずは5D MarkIIでの感想。限りなくボディだけになって弁当箱っぽいです。思うところあって最近は>>ゴツめのハンドストラップ をつけて軽快さ重視にしているので、フルサイズとは思えぬ取り回しやすさ。片手でも余裕で使えます。

EF40mmと5Dmark2
↑上2枚はNEX-5NとE50mmにて。
以下、5D Mark2 と EF40mm F2.8での、ほぼレタッチなし試し撮り写真。

>>デジカメオンラインで買ったらオマケのレンズフィルターついてきたよ!という娘。フィルタ径は52mm。そのうち記事にするつもりですが、レンズフィルタは妙なものが映り込むことがあるのでなるべくつけない方が良い気がしています。

EF40mm
40mmという微妙な焦点距離なので、被写体にグッと近づく撮り方をするとF2.8ながらけっこうボケた写真が撮れます。キラキラ背景などはまだ試していませんが、フワッと滲むようなボケでなかなか良いのではないかと感じます。

↓レンズを買った時の恒例行事。エアクッション巻き巻き。
いろんなシーンで使ってみないとなんとも言えませんが、第一印象として、なんとなくSIGMA30mm F1.4に似たボケ具合、テカテカ、トローンとした雰囲気だと思います。

canon EF40mm
↓ヌメっとしたボケ。フォーカスのスピードは特に遅いとも速いとも感じませんが、Kiss X6i や5D mark3 だとSTMの性能を引き出せるらしく速いそうです。ちなみに、STMのフォーカスの音は、かすかに「フィーンフィーン」というような、なんだか未来的な音です。最短の接写距離は30cm。

接写でのボケ
F2.8ということで、40mmの単焦点としては物足りないのではないかと思いましたが、フルサイズの場合は程よいF値だと思います。薄暗いシーンではシャッタスピード優先にしておけば、ブレず、勝手に開放になってもピント外さずで安心。
やはり、軽くて小さいは正義、ということで5Dmark2を持ち出す機会が増えそうです。今後じっくり使い込んでみたいところ。

あと、APS-CのKiss X3との相性もなかなかだったので、そちらの感想はまた後日。。
追記:>>KissX3とEF40mmのレビューはコチラ

>>Canon EF40mm F2.8 STM [楽天市場]
>>Canon EF40mm F2.8 STM [Amazon]

※ 続きに試し撮りをもう少し載せておきます。

(さらに…)

2012-06-27
No Comments »