ステディカム(グライドカムHD-2000)とNEX-5


>>高画質再生はコチラから

映像とか好きな人にはお馴染みのアイテムですが、
長年の夢だったステディカムをゲットしました。
ステディカムとは、ヤジロベーの原理で揺れを吸収し
カメラがブレることなく移動撮影できる装置。

ステディカム – Wikipedia

ステディカムといっても大小色々ありますが、購入したのは
小型で安く、調整が簡単だと言われるグライドカム↓


5Dmark2を乗せるつもりだったので、
2.7kgまで対応するグライドカムHD-2000にしましたが、
実際に5Dmark2を乗せると自分の腕力ではとても支え切れず、妥協してNEX-5専用に。
上に掲載した動画は、冒頭2カットがE16mm。
それ以降はE16mm+ウルトラワイドコンバーターでの撮影です。

NEXは動画撮影時に画角が狭くなるため、
APS-Cでの画角を1.8倍すると35mm相当になるようです。
ですので、E16mmでは28.8mm相当。
ウルトラワイドコンバーターをつけると、21.6mm相当だと思います。
使ってみた感じでは、E16mm単体ではやはり画角が狭く揺れが目立つので
個人的にはウルトラワイドコンバーターは必須。
今後のNEXでは動画での画角が変わらないようになるといいのですが。。

ともあれ、これだけコンパクトで一眼画質のステディカム動画を撮影できる
この組み合わせは、手軽でなかなか気に入ってます。
ステディカムは完璧なセッティングと練習をしてこそ真価を発揮する楽器のようなもの、
とか言われているので、これからもコツコツ練習したいと思います。

>>楽天市場で売ってるグライドカム
>>Amazonで買えるそれ系のアイテム

2011-05-26
No Comments »

一眼レフ動画:今井オートさんのPV

久しぶりに動画のエントリ。
いろいろお世話になってるヴィンテージバイクショップ 今井オートさんの
プロモビデオらしきものを作らせていただきました。
その筋の人にはたまらないクラシカルなバイクや自転車が登場します。
モノラルですが、陸王のエンジン音は必聴!

撮影は、5D Mark IIといつものレンズ群。
ゆえにフォーカスと露出は全てマニュアルです。
普通のビデオカメラに比べれば一眼動画はまだまだ不便極まりないですが、
一眼だから撮れるこの空気感がたまりません。
また、動画MFの緊張感とうまくいったときの達成感も
なかなかクセになるものがあります。

編集はiMovie ’09にて。
BGMは、友人の>>mollyさん がガレージバンドで颯爽と作ってくれました。

>>iLife 11

動画編集大好きなものの、割とガッツリ時間をとらないと
取りかかれないタイプなので、久々にやると楽しくてたまりません。
まだまだ凝ったカット割りとかできないのですが、
カッチョいいショートムービーが作れるようにコツコツやりたいです。

>>今井オートさんのHPはコチラ

2010-09-29
No Comments »

クラシックバイクのエンジン始動


北名古屋市の今井オートさんで撮影させてもらった動画。
5Dmk2 と EF85mm F1.8 USMにて。
これは内蔵マイクですが、クラシックなエンジン音をステレオで録りたいので、
アクセサリシューにつける外部マイクが欲しいところです。
>>今井オート

2010-05-07
No Comments »

キンカチョウの動画 by EOS KissX3


たまには動画も、ということでX3とSIGMA MACRO50mmF2.8によるキンカチョウ動画。
これまでサンヨーのザクティCG6で動画を撮っていたので、
X3での動画撮影は操作性の面でマンモスめんどくさいのですが、
やはりビデオカメラでは到達できない、一眼動画ならではのハッとする美しさがあります。
ただし、X3では絞りやシャッタースピードがオートになるため、
思い通りの雰囲気をだせないと言うジレンマはあります。

2009-10-16
No Comments »