山奥の川 | SP24-70mm

20140615a_ap750
山奥の川を散策。
5D mark2 と TAMRON SP24-70mm F2.8 にて。

2014-06-15
No Comments »

樹上で広角 | E16mm

20140520c_ap750
水筒を片手に樹上の遊具を探検する子猿。昨年秋に撮って載せ忘れていた写真です。
NEX-5N と E16mm + ウルトラワイドコンバーターにて。

E16mmとワイコンを使った約12mmの画角はけっこう気に入っています。
広角といえば、キャノンから広角ズームが2本同時発表。
>>EF 16-35mm F4L IS USM
>>EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM

EF-S10-18mmのコンパクトさと軽さ、お求めやすさは目を見張るものがあります。
ガチなスチル派からすると「超広角に手ブレ補正なんかいらんわ」と罵られそうですが、広角ズームは機動性重視の手持ち動画撮影でも活躍するため、動画も撮る派としては手ブレ補正は心強い存在。

といいつつも、動画用に広角ズームを使うならNEX系 + E10-18mm がなにかと便利そうです。
>>SONY E10-18F4OSS

2014-05-20
No Comments »

杉の集材:α6000発表

20140214b_ap750
子供達を実家に預け、おそらく下の子が生まれてから初となる夫婦だけでの外出。
そこには薪拾いの強制労働が待っていたのであった。
NEX-5N と E16mm F2.8 にて。ワイコンなし。

CP+の季節となり、待望のEマウント新型機α6000が登場しました。NEX-7とNEX-6の統合機とも言われていますが、EVFの画素数がNEX-6より下がっているのがなんともモヤっとします。デザインについても個人的にはNEX-6の方が好み。しかし、α6000の画質やオートフォーカススピードなど、これまでのNEXシリーズより明らかに向上しているそうなので地団駄踏むところです。

20140214a6000

>>ソニー、高速AFのミラーレスカメラ「α6000」 – デジカメ Watch

そんなことを考えながらNEX-6の相場をチェックしたところ、なかなかお買い得になってます。
>>NEX-6 楽天最安順

我が家のNEX-5Nは1年ほど前からシャッターボタンの挙動が怪しいことがあり、NEX-7後継機に期待していましたがなんとも微妙な状況となりました。α5000NEX-5系の後継機まで粘るべきか悩ましいです。

2014-02-14
No Comments »

モミの木とヒデ爺 | E16mm

20140124a_ps750
「この木はでっこぅなったわい」(←大きくなったわい)と、モミの木を見上げるヒデ爺。

NEX-5N と E16mm F2.8 にて。ワイコンなし。
野良仕事中はコートのポケットにNEXを押し込んだまま斜面から滑落したりしてますが、いまのところNEXは無事です。

2014-01-24
No Comments »

針葉樹の森

20140113a_ap750
薄暗くて寒々しい針葉樹の人工林。写っているおっさんは森の妖怪でしょうか。
先日の広葉樹林とは対照的な雰囲気です。

5D mark2 と TAMRON SP24-70mm F2.8 にて。

2014-01-14
1 Comment »

広葉樹の森 | E16mm

20131220b_ps750
コナラやクヌギ、栗などの広葉樹が適当に生えている森が非常に好きです。
夏は葉が茂って涼しく、寒くなるにつれ葉が落ち明るくなるという大変よく出来た自然のシステム。植林された針葉樹の森は暗く寒々しいのです。

NEX-5N と E16mm + ウルトラワイドコンバーターにて。

2013-12-20
1 Comment »