NEX-5Nからα5100への買い替えレポ

ILCE-5100
更新が滞りましたが、その間にNEX-5Nからα5100(ILCE-5100)に買い替えました。
2011年10月にNEX-5から5Nへ買い替えていたので、実に3年ぶりとなる新しいNEX(改めα)です。NEX-5系よりランクアップしたのかランクダウンしたのかなんとも言いがたい位置づけではありますが、一眼レフ並になったAFやごっつい画素数の新しいセンサーなど、粘っただけの進化があるのかレビュー。(※上の写真は5Dmark2にて撮影)
以下、α5100のJPGで撮ったままです。

20150109a_ap750b
NEX-5から使っているE18-55mmにて。
NEX-5系のまったりしたAFでは、特に子どもを撮る時シャッターチャンスを逃しがちだったのですが、さすがにAFが早くなり頼もしいです。ちなみに、E18-55mmやE55-210mmなど、手持ちのレンズを高速AF対応させるにはPCを介したアップデートが必要でけっこう面倒でした。

20150109a_ap750c
E16mmF2.8にて。
想定外だったのですが、E16mmは高速AFに未対応のようです。しかし不思議とそんなに遅くない気がします。

20150109a_ap750d
E18-55mmにて。
夕暮れ時に除雪車とすれ違う。こういった旧NEXでは苦しそうな状況も安心です。

20150109a_ap750e
E18-55mmにて。
ISOオートにしていると割とすぐISO3200とかになるのですが、非常にスベっとしてます。高画素だと高感度に弱いイメージがありますが、特に気にならず。
画質やAFに関しては流石に次元の違うカメラになっていると感じます。

デザインや操作感について

カメラ好きゆえ、性能以前にモノとしてのディティールが大変重要なのですが、そこはいまひとつ。α6000も外装が安っぽいと不評なようで、NEX-5が出た時のデザインに対する気迫はなんだったのかと無念でなりません。シャッター音も「ジャッ」という機械感のあったNEX-5Nに対し、α5100は「シャコ」という電子音らしき儚いサウンドが。これはこれで静かで良い時もありますが、こんなもんよね〜と思うしかありません。

操作性についてはNEX-3系統と同等なので、ある程度割り切った使い方になります。タッチパネル搭載ですが、タッチパネルはタッチフォーカスなどで使うもので、画面の操作には使えないというちょっと戸惑う仕様。液晶は上に180°開くものの下向きにはならず。あと私の憧れである電子水準器は非搭載。

どうがんばってもパワーアップしたNEX-3としか思えないのが残念ですが、画質とAFについては待っただけの進化を感じますので、日常使用でアグレッシブに使っていきたいと思います。
ちなみに、CP+前にようやくNEX-7の後継機が出るという噂もあるので目が離せません。

>>SONY ILCE-5100 ILCE-5100L(B)ズームレンズキット

>>SONY ILCE-5100 ILCE-5100(B)ボディのみ

2015-01-10
No Comments »

重機による解体開始

解体現場
ついに重機による実家の解体が始まりました。心の準備はしていても見慣れた家が崩れていく様はなかなかショッキングです。
NEX-5N と E18-55mmにて。

小さい頃はそれほどでもなかったのですが、歳をとるにつれ重機や働くクルマに対する興味マシマシで幼児退行が止まりません。大きくなったらたくみお姉さんになりたいです。

>>ダムマニア

2012-12-05
No Comments »

NEX-6とNEX-5Rの感想

NEX-5Nで撮影した風景
NEX-5N と E18-55mm にて。

栄に用事があったので、ついでにソニーショールームでNEX-5RとNEX-6、3本の新しいレンズを見てきました。個人的に要チェックだったのは、EVFを覗いたまま主電源をONにて、EVFが表示されるまでの時間。NEX-5Nだと、なにげないシャッターチャンスの時にサッと構え電源を入れるも、EVF表示まで微妙に待たされて「はよはよ!」となることが多く非常に惜しいポイントだったので、新機種でそれらがどうなのか気になりました。

で、結果としては、NEX-7はすぐに表示、NEX-6は多少待ち、NEX-5Rはけっこう待ち、という感触。設定や条件で違いもありそうなので確実ではありませんが、NEX-6で微妙に待たされるのは残念でした。
そうはいっても、現状NEX-6だけのモードダイヤルはやはり便利ですし、NEX-6、NEX-5Rともに搭載されている右肩ダイヤルも非常に快適です。ただ、背面のコントロールホイールを回すだけで露出補正なりISO感度なり変更できると思っていたのですが、ISOはホイールを右に押してから、露出補正はホイールを下に押してから回転させるようで、普通に回しただけでは無反応でした。このあたりは設定でどうにかなるのかまた確認したいところ。
あと、ハイブリッドAFは劇的に速いというほどではないものの、NEX-5Nより速いのは実感できました。先日初めて触れたEOS-MのモッサリAFとは雲泥の差。

(さらに…)

2012-11-04
No Comments »

玄関の遊び方


実家に足を踏み入れる小さい子供は、大抵この玄関戸を開けたり閉めたりして遊んでいた気がします。NEX-5N と E18-55mm にて。


ところで、ようやく国内でもNEX-6とNEX-5R、新しいレンズ3本が発表されました。

無線LAN・アプリ機能搭載の「NEX-6」
無線LANと180度チルトモニター搭載の「NEX-5R」

パワーズーム採用のEマウント標準レンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」
Eマウント初の超広角ズーム「E 10-18mm F4 OSS」
Eマウントの標準単焦点レンズ「E 35mm F1.8 OSS」

待ち過ぎて震えたE35mm F1.8はマストバイとして、現在のところNEX-7と実売価格がほぼ同じのNEX-6は、買うならもう少し価格が落ち着いてから16-50mmのセットが良いかなーと検討中です。

2012-11-01
No Comments »

引っ越すなべやかん


「ゴミみたいだろ。使うんだぜ、それ。」という感じの、母親の台所用品。
この白いトレーは、食堂や催事場などで使う業務用のものだと思われますが、冠婚葬祭などを自宅で行ってきた田舎の古い家では割と常備されているようです。
NEX-5N と E18-55mmにて。

2012-10-27
No Comments »

仏壇の搬出


築150年程と言われる実家を建て替えるための引っ越しが始まりました。その中で最も困難とされた仏壇の搬出作業の様子。工務店の人も参戦してます。
NEX-5N と E18-55mm にて。アグレッシブに作業する時やバイクに乗る時は、EOS Kissのストラップを短めにつけて安定させてます。

普段はあまり気にしないのですが、建物を撮影するとやはり歪みが目立ちます。最近のデジカメは歪みをデジタル処理でいい感じに補正するのですが、NEX-5NはJPEG撮影の時だけ補正されるので、RAW撮影だとこのようにハッキリした歪みを堪能できます。
ちなみに最近知ったのですが、「写ルンです」は小さく安価なレンズゆえに発生する大きな歪みを、フィルムをカーブさせて吸収する仕組みだそうです。デジカメにおいても、映像素子を曲げて歪みを吸収するアイデアは一応あるらしいのですが余計面倒なことになりそうです。

2012-10-21
No Comments »