秘境を探検 | SP35mm F1.8

秘境を探検する、あるある探検隊。岐阜県下呂市の巌立峡です。
EOS 5D Mark2 と TAMRON SP35mmにて撮ったまま。

35mmの単焦点を購入するにあたって、タムロンのSP 35mm F/1.8 Di VC USDとCanonのEF35mm F2 IS USMで結構迷ったのですが、なんやかんやでタムロンに着地しました。とっつぁん感あるデザインのタムロンレンズを過去に散々バカにしてきたせいか、このあたりから今どきのシャッとしたデザインになり、アグレッシブにチョイスできるようになっています。
ちなみに、SIGMAの35mm F1.4 DG HSMを選ぶ根性はありませんでした。

拍手する

おのおのの仕事 | SP35mm

薪ストーブの焚付を作る係と、庭木の敷き藁を刻む係。写真を撮る係もいます。適当に分担しないと喧嘩する年頃。
F1.8の明るいレンズですが、F4で撮影してます。

拍手する

雑な基礎工事 | α5100

山の物置の基礎工事中。丁寧すぎると仕事が進まないので、大体で良いのだ、と自分に言い聞かせながらやってます。

野良仕事の記録用には、たいていiPhoneかα5100を使っています。α5100に、貴重なパンケーキであるE16mmをつければ、ほぼコンデジ感覚。ときにレンズキャップとか言われるE16mmですが、さすがにスマホカメラとの差は圧倒的です。

※ メインメニューのカテゴリ分けについてですが、NEX-5Nをα5100に変更します。

拍手する

リニューアルのお知らせ | TAMRON SP35mm F1.8

ふと気がつけば4年も更新が滞ってしまった当ブログですが、新しいカメラを買ってモチベーションが上がったり、子供たちの成長に伴って出先でカメラを振り回す余裕も出てきたので、重い腰を上げてリニューアルしました。
新しいサイト名は、”田舎の野良生活をレコーディングしていく”というスピリットを宿しています。時代に合わせてスマホ対応したり、WordPressを最新バージョンにしており、まだまだ調整中のところもありますが、生ぬるく見守っていただければと思います。

リニューアル第一回の写真は、4年前に購入したTAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD と、いつもの5D Mark2にて。長年、35mmの単焦点を使ってみたかったのですが、ちょうど発売されたこのレンズに飛びついてみました。個人的には、適当に撮ってもそれらしく見える50mmより難しく感じますが、そこに奥の深さがあり、じっくり慣れていきたいところです。

↑簡単に登れると思ったら想像以上に難しくて半泣きの坊主。

拍手する

伐木の監督 | α5100とE55-210mm

α5100

樹齢約50年の杉と、3歳の現場監督。なぜか手袋を脱ぎ捨てる。
α5100 と E55-210mm(SEL55210)にて。JPGでほぼ撮ったまま。

これまで、”カメラが勝手にフォーカスエリアを決めて追従する系のAF”は全く信用しておらず、中央1点AF派だったのですが、α6000やα5100の自動AFはなかなか優秀ということでしばらく試しています。こちらに向かってくる子供に常にピントが合い続けるのはなかなか快適。これに慣れると5Dmark2が使いこなせなくなるのではないかと不安になります。

ところで、CP+を目前にして、各社新製品ラッシュです。私がウォッチしているのは、主にCanon、Sony、SIGMAの動向なのですが、すでにCanonとSIGMAからは新製品が発表されました。特に気になるのはEOS M3。操作系が硬派で、グリップや質感も抜かりなし。相変わらずEF-Mレンズは少ないですが、マウントアダプタ経由でEF(S)レンズが使えるので、古くからのCanonユーザーなら安心して飛びつけるミラーレスだと思います。
キヤノン、ミラーレス最新モデル「EOS M3」 – デジカメ Watch

Sonyはまだ発表がないのですが、α7000はボディ内手ぶれ補正搭載か、という噂なので、α5100を買ったばかりではありますが目が離せません。

>>SONY ILCE-5100 ILCE-5100L(B)ズームレンズキット
>>SONY ILCE-5100 ILCE-5100(B)ボディのみ

E55-210mm

拍手する
Scroll to top