NEX-5Nからα5100への買い替えレポ

ILCE-5100
更新が滞りましたが、その間にNEX-5Nからα5100(ILCE-5100)に買い替えました。
2011年10月にNEX-5から5Nへ買い替えていたので、実に3年ぶりとなる新しいNEX(改めα)です。NEX-5系よりランクアップしたのかランクダウンしたのかなんとも言いがたい位置づけではありますが、一眼レフ並になったAFやごっつい画素数の新しいセンサーなど、粘っただけの進化があるのかレビュー。(※上の写真は5Dmark2にて撮影)
以下、α5100のJPGで撮ったままです。

20150109a_ap750b
NEX-5から使っているE18-55mmにて。
NEX-5系のまったりしたAFでは、特に子どもを撮る時シャッターチャンスを逃しがちだったのですが、さすがにAFが早くなり頼もしいです。ちなみに、E18-55mmやE55-210mmなど、手持ちのレンズを高速AF対応させるにはPCを介したアップデートが必要でけっこう面倒でした。

20150109a_ap750c
E16mmF2.8にて。
想定外だったのですが、E16mmは高速AFに未対応のようです。しかし不思議とそんなに遅くない気がします。

20150109a_ap750d
E18-55mmにて。
夕暮れ時に除雪車とすれ違う。こういった旧NEXでは苦しそうな状況も安心です。

20150109a_ap750e
E18-55mmにて。
ISOオートにしていると割とすぐISO3200とかになるのですが、非常にスベっとしてます。高画素だと高感度に弱いイメージがありますが、特に気にならず。
画質やAFに関しては流石に次元の違うカメラになっていると感じます。

デザインや操作感について

カメラ好きゆえ、性能以前にモノとしてのディティールが大変重要なのですが、そこはいまひとつ。α6000も外装が安っぽいと不評なようで、NEX-5が出た時のデザインに対する気迫はなんだったのかと無念でなりません。シャッター音も「ジャッ」という機械感のあったNEX-5Nに対し、α5100は「シャコ」という電子音らしき儚いサウンドが。これはこれで静かで良い時もありますが、こんなもんよね〜と思うしかありません。

操作性についてはNEX-3系統と同等なので、ある程度割り切った使い方になります。タッチパネル搭載ですが、タッチパネルはタッチフォーカスなどで使うもので、画面の操作には使えないというちょっと戸惑う仕様。液晶は上に180°開くものの下向きにはならず。あと私の憧れである電子水準器は非搭載。

どうがんばってもパワーアップしたNEX-3としか思えないのが残念ですが、画質とAFについては待っただけの進化を感じますので、日常使用でアグレッシブに使っていきたいと思います。
ちなみに、CP+前にようやくNEX-7の後継機が出るという噂もあるので目が離せません。

>>SONY ILCE-5100 ILCE-5100L(B)ズームレンズキット

>>SONY ILCE-5100 ILCE-5100(B)ボディのみ

2015-01-10
No Comments »

バイクの試乗 | E35mm F1.8

20140327b_ap750
友達のバイクをふかして「このバイク、めっちゃいいやん」という様子。
NEX-5N と E35mm F1.8 OSSにて。

ここ最近、アウトドアでポケットに突っ込んでおけるE16mmを常用しており、気がつけば記録写真のようなものばかりになっていましたが、久しぶりに使うE35mmの画角と空気感はやはりハッとするものがあります。ただ、久しぶりの標準単焦点ゆえ、ダダダッと慌てて後退することもしばしば。

ところで、このレンズも発売からそこそこ経過したため、Amazonレビューがそこそこ増えており興味深く読んでます。やはり飛び抜けた画質でない割に値段が高い、という意見が多い模様。
>>E 35mm F1.8 OSS SEL35F18

私としては「大口径単焦点でござい」という写真がこのサイズで撮れるので結構満足しています。当サイトの購入時のレビューはこちら。
>>E35mmF1.8OSSレビュー

2014-03-30
2 Comments »

カブの新しいシート | E50mm

20140120a_ap750
先々月わが家にやってきた3台目のカブ、スーパーカブ90のシートを新調。
スーパーカブには二人乗り用のステップがついているため、ダブルシートにすることで堂々と二人乗りできる仕様となります。
NEX-5N と E50mm F1.8OSSにて。

2014-01-20
No Comments »

クラシックバイクと紅葉 | EF40mm

20131130a_ps750
なにかとお世話になっている今井オートさんのツーリングの写真を撮らせていただきました。
ビカビカに磨き上げられたクラシックバイクに映り込む紅葉という絶妙なシチュエーション。さらに、古いエンジンからの独特な匂いと枯れ葉の匂いが混じり、なんともノスタルジーな雰囲気に。写真を撮っていて久しぶりにテンションが上りました。
5D Mark2 と EF40mm F2.8 にて。

私の感覚ですと、このようなテカテカした被写体を撮るとき、特に「やっぱ単焦点いいわー」という気分になります。その理由はよくわかりませんが、単焦点ゆえ捉えられる繊細な映り込みや反射のグラデーションがあるのでしょうか。

>>Canon 単焦点レンズ EF40mm F2.8 STM フルサイズ対応

20131130b_ps750

2013-11-30
No Comments »

ススキと郵政カブ | EF40mm

20131114a_ap750
郵政カブの、このアングルが好きです。しかし主張が強すぎる黄色ナンバー(51〜90cc)がいつ見ても気に入りません。ピンクナンバー(91〜125cc)もどうなのかというところ。
5D Mark2 と EF40mm F2.8 にて。

ところで、近々、白いKissX7と白いEF40mmが登場するとのウワサ。別に白でなくてもいいですが、X7とEF40mmの組み合わせはミラーレスとはまた違う小粒感で楽しそうです。

>>EF40mmとX3の感想はコチラ

2013-11-14
No Comments »

自転車とリトルカブ

20130917a_ap750
車庫の隅に置かれた自転車とリトルカブ。>>本家カブは微妙なことになっていますが、リトルカブはこのままでいてほしいところです。
5D mark2 と TAMRON SP24-70mm F2.8 にて。

ところで、先日発表されたレンズだけカメラ。

ガジェットとしては面白そうですが、どう頑張ってもめんどくさそうです。

そんなことよりiPhone5sのカメラ。
センサーが大きくなったのに画素数据え置き(800万画素)というのが熱いです。一眼レフですらセンサーサイズに対して画素数が多すぎると感度や階調に悪影響がある上、1枚のファイルサイズが大きくなって不便と言われながらもマーケティング的ななんやかんやで高画素数に向かってしまうのですが、そういうのに流されないのがなんともCOOL。

また、LEDフラッシュが2個になって単に明るさが増すのかと思いきや、2灯の色違いLEDでフラッシュの色をベストにするという新発想。それに加え、ソフトウェア側の気の利いた機能によって写真をキレイにしたり、連射して一番良いのを選んでくれたりします。

>>アップル – iPhone 5s – iSightカメラPV
>>アップル – iPhone 5s – iSightカメラ

15年ほど前、初代iMacが登場し、デジカメがポツポツ出回り始めた頃に「アップルがデジカメ作ったらどんなもんじゃろな」などと妄想にふけってましたが、まさかそれが当時のパソコンを遥かに凌ぐ性能の携帯電話に搭載された小さなカメラであると誰が想像できたでしょうか。

>>プロが教える iPhone写真の楽しみ方 (日経BPパソコンベストムック)

2013-09-17
No Comments »