シグマの新ミラーレス用レンズ3本他発表


重なり合う枝。
NEX-5N と E35mm F1.8 OSS にて。

CP+を前に各社の新製品が続々と発表されていますが、私の中でホットなシグマから発表されたのは以下の製品。
・SIGMA 19mm F2.8 DN
・SIGMA 30mm F2.8 DN
・SIGMA 60mm F2.8 DN
それぞれ、Eマウント用とマイクロフォーサーズ用、さらにブラックとシルバーの豪華2色展開。EF-Mはスルーされてますが…。
19mmと30mmは昨年3月に発売されたものと光学設計は同じながら、機械設計とデザインが新しくなっているようです。60mmは今回初登場の製品。手ブレ補正なしですが、19mmと30mmは評判が良かったので60mmも期待できそう。

ちなみに、旧型となる19mmと30mmはそれぞれ1万円を切る叩き売り状態ですので、なかなかお買い得。
>>シグマ 19mm F2.8 EX DN ソニーEマウント用
>>シグマ 30mm F2.8 EX DN ソニーEマウント用

それと、X3と共に活躍してくれたお気に入りの30mm F1.4 もリニューアルされました。こちらは約7年ぶりのリニューアルとなり、光学設計も新しくなっているようです。旧型で不評だった最短撮影距離40cmが30cmに。重さは400gから435gにアップしてますが、元々小さくて軽いので微々たる差かと。


旧型よりも前玉が小さくなったのが印象的。旧型を使い慣れていた分、この新型がいかほどの性能なのか興味津々です。

>>シグマ、マイクロフォーサーズ/Eマウント用「Art」ラインを開発発表

2013-01-31
No Comments »

コメント

Spam Protection by WP-SpamFree


※ZenBack試用中