NEX-F3登場


NEX-5N と E50mm F1.8 OSSにて。

噂通り、ひっくり返る液晶モニタと内蔵フラッシュ搭載のNEX-F3が登場しました。NEX-5Nで自分撮りする時、液晶が引っくり返れば…とよく思うので非常に便利な構造です。センサーも評判の良い5Nと同じらしいので、廉価モデルながら非常に頼れそうな感じ。ただし、タッチパネルではないのでタッチフォーカスを駆使した凝った動画撮影などするなら5Nの方が良さそうです。

>>NEX-F3 | ソニー

NEX-F3がなかなか実用的な機能を盛り込んできたので、次期NEX-5がどうなるのか興味深いところ。

それと、同時に登場した18-200mmは、現行モデルの黒バージョンではなく、タムロン18-200mmのOEMのようです。しかしデザイン的にはタムロンよりシャッとしていて良い感じ。高倍率はあまり興味がなかったのですが、バタバタする子連れ旅行などでは結構頼れるのではないかと最近思います。

>>E18-200mm F3.5-6.3 OSS LE | ソニー

拍手する

カブのある玄関


帰省してカブをいじっている間は土間がガレージに。常にここに置いておきたいところですが、カブ下にある芋を保管する穴へアクセスしづらくなりヒデ爺に抗議されそうなので一時的な作業場となります。

NEX-5N と E18-55mm OSS にて。

拍手する

シュレッダーの内職


テレビを見ながらシュレッダーの内職中。
NEX-5N と E50mm F1.8 OSS にて。

ところで、近日中に発表されるであろうNEX-F3の画像がすでに出回っています。
>>Sony NEX F3 « NEW CAMERA

前々からNEXで自分撮りできれば〜と思ってたので、ひっくり返る液晶は非常に羨ましい装備です。夏に登場するとされるNEX-F5もこの液晶になるのでしょうか。
それと、近日中に登場するとされるEマウントのレンズは、既存の18-200mm F3.5-6.3 OSSの黒バージョンという噂。微妙です。

拍手する

南天の伐採


草刈機の達人であるヒデ爺にかかれば南天の木すら刈ることができます。危険を伴うため私や親父にはやらせてくれません。また、けたたましい音がするため難聴になるリスクもありますが、すでに耳が遠いヒデ爺には関係ないようです。
NEX-5N と E18-55mm にて。

拍手する
Scroll to top