猫との距離感:NEX-5R海外発表

NEX-5NとE50mmF1.8
微妙なよそよそしさ。
最近まで人間以外の毛の生えた生き物は全てがニャンニャンだと思っていたらしく、テレビに映った毛ガニですら「ニャンニャーン!」と絶叫していました。毛ガニもまさか猫呼ばわりされるとは思っていないはず。NEX-5N と E50mmF1.8にて。

ついにNEX-5Rが海外発表されました。ほぼリーク通りのスペックですが、個人的には電子水準器内蔵らしいのが嬉しいサプライズでした。ハイブリッドAFはどれほどのモノかと思っていましたが、以下の動画を見ると、コントラストAFとは明らかに違う、迷いのないシャっとしたAFで期待できそう。

>>海外サイトのNEX-5Rレビュー(46秒から再生)

ただし、ハイブリッドAFに対応するEマウントレンズは現在のところ4本(ズーム3本とE24mmF1.8)のみで、他のレンズは追々ファームウェアアップデートで対応とのこと。

アプリダウンロード「PlayMemories Camera App」は、アプリによって色々機能が拡張できるようですが、個人的にテンションが上ったのはインターバル撮影して動画にするアプリ。定点撮影のチョコマカ動画が手軽にできるのは楽しそうです。これらのアプリが無料なのか有料なのかは不明。その他詳細はデジカメwatchにて。

ソニー、ハイブリッドAF・無線LAN対応の「NEX-5R」を海外発表 – デジカメWatch

現在のところ日本での発売は未定となっていますが、さすがに売らないことはないと思うのでNEX-6や新しいレンズと合わせ、発表が楽しみです。

拍手する

イヤイヤ期のフリ期:NEX-6などの写真

e50mmf1.8
いわゆる「イヤイヤ期」到来の予感。
しかし、たまにイヤイヤ期のフリをしているような気もします。
NEX-5N と E50mmF1.8にて。

nex-5N
新型NEXの発表が間近に迫り、そろそろ恒例のリークが来る頃か、と思ったらやはり来ました。

↓NEX-6 と NEX-5R の試作品らしきもの。
HOT! Sony NEX-5R and NEX-6 images leaked!!! | sonyalpharumors

↓NEX-5Rの本物っぽい画像。
HOT: More NEX-5R pictures… | sonyalpharumors

NEX-5Rは、NEX-5のデザインをしっかり受け継ぎつつも、驚きの2つダイヤルに。NEX-5系は物理的なボタン類は意地でも最低限にそぎ落とすポリシーだと思っていたのでダイヤルを増やすのは意外でした。しかし操作性は確実に良くなっているはず。噂通りの180度開く液晶は便利そうですが、外付けEVFをつけていると使いづらそうです。

初出のNEX-6はそれ自体が非常に興味深いです。NEX-7にもなかったモードダイヤルと、2つダイヤル、EVF、フラッシュ、汎用アクセサリシューを搭載。デザインはNEX-7よりもややソフトな印象です。液晶がタッチパネルなのか、どんだけ開くのかは不明。

これら二機種が、うわさ通りの像面位相差のAF、Wifi、アプリ対応であれば、現行NEXとはまったくの別物という感じです。NEXは初代からどこかガジェット的な要素があり、新しいモデルにポンポン乗り換える気になるので、近く正式発表される仕様によっては5Rか6か、新しいレンズか、楽しく悩むことになりそうです。

拍手する

睡魔に勝てず


食事中でも睡魔には勝てず。
NEX-5N と E18-55mm にて。

いよいよ新しいNEXの噂が熱くなってきました。新しいビッグな情報として、NEX-5R、NEX-6ともに、EOS-Mのような像面位相差センサー搭載とのこと。また、ネットに接続してなんらかのアプリをダウンロードできるとか。事実だとすれば、ハード的にもソフト的にも現NEXとは別物のような進化になりそうです。以下、NEXのウワサ再まとめ。

■NEX-5R / 像面位相差の16MPセンサー。180度開くモニタ、WiFiとアプリをサポート。

■NEX-6 / 像面位相差の16MPセンサー。NEX-7より解像度の低いEVF搭載、WiFiとアプリをサポート。

■16-50mm / パンケーキのパワーズームで手ブレ補正付き。F2.8通しの別製品があるとかないとか。

■11-18mm / 広角ズーム。パンケーキではない模様。手ブレ補正の有無は不明。

■35mm F1.8 / シグマの30mmF2.8と同じくらいのサイズで、手ブレ補正の有無は不明。

以上、NEX関連が8/28日発表。
αは9月とのことで、新しもの好きとしては待ちきれません。

拍手する

NEX-5RとNEX-6の噂


昔ながらの小さな水田は、大型の農業機械が入れられず耕作放棄地になることも多いため、水田を大きくまとめて農道を通す工事をしている模様。
NEX-5N と E18-55mm にて。

ところで、新しいNEXとEマウントレンズの噂がチラホラと出てきました。

・NEX-5R・・・180度開くモニタとWiFiサポート。
・NEX-6 ・・・EVF搭載でWiFiサポート。
・16-50mm・・・パンケーキのパワーズームで手ブレ補正付き。
・11-18mm・・・パンケーキの広角ズーム。手ブレ補正の有無は不明。
・35mm F1.8・・・待ちに待った標準単焦点。シグマの30mmF2.8と同じくらいのサイズで、手ブレ補正の有無は不明。

これらが9月発表とのこと。
EVF内臓のNEX-6という機種が、どの程度の操作系を持つのか大変気になるところです。

拍手する

DxO FilmPackを試用


ここで自由にしておいたらフロア中トイレットペーパーになる危険があります。

NEX-5N と E18-55mm にて。
なんだかんだで銀塩フィルムの雰囲気も好きでして、突発的にそういうエフェクトをかけたくなりDxO FilmPack(Apertureプラグイン版)を試用してみました。

>>DxO FilmPack

このソフトは、古き良き銀塩時代の個性的なフィルムをシュミレートするもの。上の写真のエフェクトは「Kodak Kodachrome200」の彩度をやや落とした状態です。

しかし、この手のエフェクトをかけまくるなら、高価で大掛かりな一眼カメラを使わずともコンデジやinstagramでいいんじゃね?というジレンマも。1ヶ月試用できるので、そのあたりの適度な落とし所が見つかるのか色々試してみたいと思います。個人的にはApertureでノイズを加えられれば満足なんですが…。

↓こちらは5D mark2 と EF50mm F1.4 で撮った写真に「Fuji Provia 400 F」のエフェクトをかけたもの。大変ノスタルジーです。

拍手する
Scroll to top