枝のシルエット


もちもちの木、という絵本を思い出しました。

5Dmark2 と SIGMA 24-70mm F2.8にて。
5DMark2と一緒に購入し、それなりに使ってきた当時5万円の24-70mmですが、
歪みや色収差、ハレーション等々、やはりいろいろと欠点が目につきます。
最近の価格を見てみたところ、キャノン・ニコン用は売り切れですが、
他のマウント用はたたき売りの様相を呈している模様…。

シグマ 24-70mm F2.8 EX DG MACRO ソニー用

できれば買いたいキャノンの新型24-70mmですが、
登場する気配がさっぱりありません。

2011-07-16
2 Comments »

コメント

  1. SIGMA 24-70mm F2.8を使用したことはないのですが・・・
    じゃじゃ馬レンズは使いこむとなんとも言えない味と呼吸が産まれてきますよね。

    プロならば歪みや色を100%気にしなければいけないのでしょうが、
    私のような素人はそれもひとつの味なのかなとあえて直さなかったりします。
    そしてそんな写真のほうが心を打ったりするんです。


  2. >>kageさん
    すみません、コメント見落としてました。。
    なるほど、レンズの味というのもありますね〜。
    オールドレンズなんて特に味があって楽しめますよね。
    しかし、せっかくの高いカメラなので完璧な写りを期待したい気持ちも捨てがたいですw


Spam Protection by WP-SpamFree


※ZenBack試用中