森をぬけて


最近、思うところあって樹木の種類を見分けられるようになりたいと思っているのですが、意外と難しいことらしく、種類によってはプロでも「◯◯と推察される」という世界らしいです。チラッと勉強した私の浅知恵によると、左はケヤキ、右はクヌギかナラでしょうか。

NEX-5N と E16mm + ウルトラワイドコンバーターにて。

2012-11-29
No Comments »


引退する蛇口

nex-5NとE50mmF1.8
解体直前の実家にて。役目を終えた台所の蛇口。
写真が傾いている気がしてならないのですが、蛇口が微妙に傾いているので気持ち悪いのかもしれません。

NEX-5N と E50mmF1.8 OSS にて。

2012-11-26
No Comments »


貧乏美容室

NEX-5NとE50mmF1.8
新聞紙に包まれてのカット。意外にも髪を切る時はおとなしくしているので助かります。
NEX-5N と E50mm F1.8にて。

2012-11-25
No Comments »


<

解体中の家とヒデ爺


生まれた時から住んでいた家の取り壊しを見守りつつ、農作業するヒデ爺。
NEX-5N と E16mm F2.8 + ウルトラワイドコンバーターにて。

2012-11-17
No Comments »


反省のポーズ

EF40mm F2.8
まずいことをやらかしてしまったと思ったのか、一応ゲザっているようです。
5Dmark2 と EF40mmF2.8 にて。

繁忙期につき当サイトの更新が滞っており、私もゲザっておきます。

2012-11-17
No Comments »


<

EF24-70mmF4L登場

5Dmark2とEF40mmにて撮影
寝ている隙に爪を切られる様。
5Dmark2 と EF40mmF2.8 にて。

SIGMAの旧型24-70mmF2.8がいろんな面で不満だったため、ほぼ並単焦点のみで使ってきた5Dmark2。せっかくのお高いカメラなので「いつかはLレンズ」と思っていたのですが、待ちに待ったEF24-70mmF2.8L Ⅱは手ブレ補正非搭載。動画も撮る派なので、なんだかんだ便利そうな24-105mm F4Lをポチッと…としかけていたところに、まさかの伏兵が発表されました。

キヤノン:EF24-70mm F4L IS USM 特長紹介
キヤノン EF24-70mm F4L IS USM 《12月中旬発売予定》

EF24-70mmF4L
24-105mmはそこそこの倍率で軽量のためか、画質がいま一歩と言われていたのですが、24-70mmのF4ならムリのない設計で画質も期待できそうです。しかもマクロモードへの切り替えと、ハイブリッドIS、そこそこ小型軽量で、これこそ求めていたレンズかもしれません。ケチをつけるなら、24-70mmF2.8LⅡのシャッとしたデザインが良かったのですが、やや年季の入った24-105mm風味です。また、それなりにお高いので、今後出てくるレビューやサンプルを凝視しつつ前向きに検討したいところ。

それと35mmF2 IS USMも登場。フルサイズでもAPS-Cでも人気が出そうです。一時期、キャノンはレンズリニューアルの時期と言われつつもあまり動きがなかったのですが、ようやく本気モードでしょうか。
キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ用交換レンズ EF LENS|EF35mm F2 IS USM 概要
キヤノン EF35mm F2 IS USM 《12月上旬発売予定》

2012-11-07
No Comments »