青いレンタカー

NEX-5nとE16
今までベビーカータイプに乗せてましたが、初めてこちらのタイプに乗せてみました。車内はなかなかの快適空間なので自分が乗りたいくらいです。

買い物に出かけたときなので、NEX-5NとワイコンなしのE16mmです。やはりポケットに突っ込めるコンパクトさと軽さは魅力。NEX-5NとE16mmのSモード(シャッタースピード優先)は、E16mmのモッサリ感を認識しているのか、アグレッシブにISO感度を上げて、かたくなにF4になります。SモードでのF2.8はなかなか認めてくれません。

ところで、初の社外Eマウントレンズがタムロンから登場。
なぜか、ソニー純正のE18-200mm F3.5-6.3 OSS と完全にかぶる高倍率ズームです。
>>18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC
>>タムロン18-200mm 楽天での最安情報

個人的には、純正でも社外でもいいので、コンパクトな単焦点を期待してます。

拍手する

うたたね

夕暮れ時の暗い部屋で、急に静かになったと思ったらバウンサーのテーブルに突っ伏して寝てました。
NEX-5 と E16mm にて。

ところで、完全に買う気で12月の発売を待っていた E50mm F1.8 OSSが、タイの洪水により発売未定らしいです。こうなれば販売中のE30mmマクロを買いたくなりますが、シグマ好きとしては、シグマ初のEマウント30mm F2.8 を待ちたいところで、相変わらずどうにも動きの取れないレンズ難民となってます。

拍手する

プレステを起動


「プレステ起動しときますね。」の図。
タッチセンサー式のスイッチに触れるとピピピッと音がするせいか、ひたすら起動したり強制終了させてます。そろそろ壊れるのではないかと思い始めた頃、裏側に主電源があることを知ったので、そちらをOFFにして事なきを得ました。

NEX-5N と E16mm + ウルトラワイドコンバーターにて。
自分はあまり意識したことがないのですが、分かる人に言わせるとNEXのオートホワイトバランスはかなり優秀らしいです。言われてみれば、JPG撮りっぱなしでほとんど調整してない気がします。

拍手する

NEX-5Nで飛行機雲

飛行機雲

これは恐ろしい地震雲・・・ではなく飛行機雲です。
NEX5-N と E16mm + ウルトラワイドコンバーターにて。ほぼ撮ったまま。

Aperture・iPhotoがようやくNEX-5NのRAWに対応しましたが、相変わらずレンズ情報がおかしいようです。いままでは、「Arax MC 35mm F2.8 Tilt+Shift」だったところ、RAWアップデートによって「E-Mount, T-Mount, Other Lens or no lens」となりました。ひょっとして、NEX-5NのEXIFはレンズ情報が入っていないのでしょうか。

RAW対応したものの、5Nの撮りっぱなし画質がいい感じですし、容量を気にせずjpgでバシバシ撮るのも悪くない気がしてきたので、普段使いではjpgで良さそうです。

>>地震は予知できるか (別冊宝島)

拍手する

アクロバティックなテレビ視聴

テレビ視聴
赤ちゃんにあまりテレビを見せるべきではない、とよく言われますが、素晴らしい食いつきなので困ります。特に「おかあさんといっしょ」等は強力で、多忙時には大変助けられてます。

NEX-5N と E16mm + ウルトラワイドコンバーターにて。
NEX-5N、使い込むほどに良い感じです。旧NEX-5の頼りなさと煩わしさに耐えてきた反動なのかもしれませんが、JPGで適当にパシパシ撮ってほぼレタッチなしでも一眼らしいエレガントな写り。前々から良いと思っていたE16mm+ウルトラワイコンはさらに良く、イマイチだと思っていた18-55mmも見なおしてしまうほど。いよいよ標準域の単焦点が欲しくなってきました。

そんなNEXですが、タイの洪水で向上が水没し生産が止まっている模様。カメラは秋から年末が売れ時らしいので、これは深刻なようです。

拍手する

赤ちゃんチェアで号泣


はじめて座った赤ちゃんチェアが「ピューイー!!」と鳴ったので大変ビックリしてギャン泣きした様。確かに結構けたたましい音がするためか、「音が大きすぎる場合はテープなどで笛を塞いでください」と後からつけたような付属の紙に書いてあり、そのように対処して事無きを得ました。
NEX-5 と E16mm + ウルトラワイドコンバーターにて。

>>ふんばり脚の知恵つきチェア
>>ソニー ウルトラワイドコンバーター VCL-ECU1

拍手する
Scroll to top